JRAは1日、英アスコット競馬場で現地15日に行われるG1プリンスオブウェールズステークスに出走を予定しているシャフリヤールと、同18日のG1プラチナジュビリーステークスに出るグレナディアガーズが英国に着いたことを発表した。

 日本時間の30日夜に出発した両馬は、ドイツのフランクフルトを経由してロンドンに到着。日本時間で1日の午前1時(現地31日の17時)頃にニューマーケット入りした。

 シャフリヤールを管理する藤原英昭厩舎の藤原和男調教助手は「輸送に気を遣う馬ですが、グレナディアガーズがいてくれたお陰で、無事に輸送をクリアすることができました。明日から徐々に体を慣らして、レースまでにしっかりと仕上げたいです」とコメント。

 グレナディアガーズを擁する中内田充正調教師は「帯同したスタッフのチームワークのお陰で、フランクフルト経由での輸送がうまくいきました。元気な姿でニューマーケット入りしてくれて嬉しいです。これから、レースに向けてしっかり調整していきたいです」と語った。