日本からシャフリヤールが出走を予定している現地15日の英G1プリンスオブウェールズステークスに、フランスの牝馬グランドグローリーが追加登録。これで同レースは8頭立てとなった。

『コーラル』や『パディパワー』などの大手ブックメーカーで揃って1番人気に推されているのは、前走の英G3ブリガディアジェラードステークスを5馬身差で圧勝した4歳馬ベイブリッジ。ドバイシーマクラシック勝ち馬のシャフリヤールは2番人気となっている。

 以下は、ドバイターフを制した後に5月の愛G1タタソールズゴールドカップ4着のロードノースと、同3着で3カ国のG1を制してきたステートオブレストが続く形。そのほか、昨年の仏G1ジャンロマネ賞勝ち馬でG1ジャパンカップ5着だったグランドグローリー、G1香港カップ4着のドバイオナー、8歳の古豪アデイブ、キーファーズの松島正昭氏が共同所有するブルームが名を連ねている。