米競馬メディア『bloodhorse.com』は、現地14日から始まるロイヤルアスコット開催で注目ジョッキーたちの主な騎乗予定馬を列挙した記事を掲載。同開催で歴代2位の通算76勝を挙げているL.デットーリ騎手はロードノースらの手綱を取る予定だ。

 15日のG1プリンスオブウェールズステークスでは、G1ドバイターフ勝ち馬ロードノースで日本から参戦するシャフリヤールを迎撃。16日のG2リブルスデールステークスでは、先日の英オークスで1番人気に推されながら痛恨のスタートミスなどが響いて2着に敗れたエミリーアップジョンで捲土重来を期す。

 16日には長年コンビを組んできた8歳馬ストラディバリウスで英ゴールドカップに参戦。4連覇がかかっていた昨年に4着と敗れた借りを返せるかに注目が集まる。

 17日は、G1コロネーションステークスに昨年の欧州2歳女王インスパイラルで臨む。同馬は昨年に英G1フィリーズマイルなどを制して今年の英1000ギニー最有力候補と見られていたが、なかなか体調が整わず今回が今年初出走となる。

 そして同日のG2キングエドワード7世ステークスでは、エリザベス英女王の所有馬リーチフォーザムーンに騎乗。今年が即位70周年の女王にロイヤルアスコットでの勝利を届ける最大のチャンスだ。