豪イーグルファーム競馬場で現地11日に2歳G1のJ.J.アトキンス(芝1600m)が行われ、2番人気のシーザベルターが中団馬群の中から直線で外に持ち出され、後続の混戦を尻目に押し切った(0.4馬身差)。

 後方から追い込んだ3番人気のポリティカルディベートが、勝ち馬の後ろから続くブロスナン(8番人気タイ)との2着争いを0.1馬身差で制し、1番人気のシャープンスマートは勝ち馬の背後を追走するも直線入口でブロスナンとの進路取りに後れを取り、さらに0.2馬身差の4着に敗れた。

 P&P.スノーデン調教師が共同管理する牝馬のシーザベルターは前走のBRCサイアーズプロデュースステークスから連勝で重賞2勝目。G1初制覇で通算成績を7戦4勝としている。