現地18日、米サンタアニタパーク競馬場で行われた牝馬G2サンタマリアステークス(3歳以上、ダート8.5ハロン)は、単勝2.40倍の1番人気プライベートミッションが2番手追走から第3コーナーで先頭に立って後続を振り切った。

 3/4馬身差の2着に勝ち馬を背後でマークした単勝2.60倍の2番人気ブルーストライプ、さらに1/2馬身差の3着にはブルーストライプと道中並走の5番人気ヴァルダが続いた。

 プライベートミッションは昨年10月のG2ゼニヤッタステークス以来となる重賞3勝目。今年は3月のG3ラスフローレスステークス(2着)で始動し、その後にB.バファート厩舎からS.マッカーシー厩舎に移籍して初戦だった。