現地25日に愛カラ競馬場にて行われるG1愛ダービー(3歳、芝12ハロン)の枠順が確定。A.オブライエン厩舎の英オークス馬チューズデーは8頭立ての1番枠に入った。

 チューズデーが勝利すれば、牝馬では1994年のバランシーン以来の快挙。大手ブックメーカーの『コーラル』や『パディパワー』は揃って同馬を約2.4倍の1番人気に推している。

 差のない2番人気でG1英ダービー3着馬のウエストオーバーは5番枠。以下、前走の愛G3ガリニュールステークスを制したハンニバルバルサは6番枠、英ダービー12着からの巻き返しを狙うピズバディールは2番枠となっている。