英ダービーを制したデザートクラウンが、現地7月23日の英G1キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスで古馬と初対戦する見込みであることが分かった。

 往年の名騎手でデザートクラウン陣営のレーシングマネージャーを務めるB.レイモンド氏は、自分の当て推量に過ぎないがと断ったうえで「マイケル(スタウト調教師は)はキングジョージから英インターナショナルステークス、そして凱旋門賞へ向かうつもりだろう」との見解を示した。

 また同師は「ダービーでは非常にいいパフォーマンスだったが、彼はレースを重ねるほど速くなる気がする」とデザートクラウンをたたえ、「(現時点では)12ハロンの馬だが、最適な距離は10ハロンに落ち着くんじゃないか」とも話していた。