現地16日の英G3ハックウッドステークスを制したミンザールが、日本馬キングエルメスが予備登録している現地8月7日の仏G1モーリスドゲスト賞(芝1300m)に向かう予定であることが分かった。

 O.バローズ厩舎のミンザールはメーマス産駒の4歳馬。2歳時に英G2ジムクラックステークス勝ちがあり、3歳前半は長期休養していたものの秋にはG1英チャンピオンズスプリントステークスで3着と好走。今年はロイヤルアスコット開催での英G1プラチナジュビリーステークスこそ13着と大敗したが、前走のハックウッドSで久々の勝利を挙げた。

 バローズ調教師は「(9月3日の英G1)スプリントカップもあるが、まずは約2週間後のモーリスドゲスト賞だ。スプリントカップから1か月ほど前で日程的にもいいから、ぜひ見てみたい」と話している。