現地27日、英グッドウッド競馬場にてG3モールコムステークス(2歳、芝5ハロン)が行われ、P.ドッブス騎乗のトリリウムが快勝した。

 直線コースで外ラチ側の集団の最後方となったトリリウムは終盤で前が狭くなるシーンもあったが、ドッブス騎手がラチ沿いに進路を確保すると残り0.5ハロンから鋭い末脚を発揮。あっという間に突き抜けて1番人気のロケットロドニーに1馬身1/4差をつけてゴールした。

 R.ハノン厩舎のトリリウムはノーネイネヴァー産駒の牝馬。デビュー2戦目の6ハロン戦を4馬身差で勝ち上がると、今回は初の5ハロンで重賞初挑戦だったが見事に初制覇を果たした。