現地9日のファシグティプトン社サラトガセール2日目で、日本で活躍したゼンノロブロイの近親となるガンランナー産駒が同セール最高値となる230万ドル(約3億1000万円)でクールモアに落札された。米競馬メディア『bloodhorse.com』が報じている。

 この1歳牡馬の母ヘヴンリーラブは2017年の米2歳G1アルシビアデスステークス勝ち馬。祖母ダーリンマイダーリンは米G1フリゼットステークスと米G1メイトロンステークスで2着があり、日本で天皇賞(秋)やジャパンカップ、有馬記念を制した2004年の年度代表馬ゼンノロブロイの半姉にあたる。

 ガンランナーは2017年の米G1ブリーダーズカップクラシックなどを勝った同年の米年度代表馬。昨年デビューした初年度産駒からはエコーズールー(BCジュベナイルフィリーズなどG1を3勝)、ガナイト(G1ホープフルステークス)などがおり、さらにテイバ(G1サンタアニタダービー)、アーリーヴォーティング(G1プリークネスステークス)、サイバーナイフ(ハスケルステークスなどG1を2勝)ら多数の活躍馬が出ている。