JRAは22日、10月2日の仏G1凱旋門賞に出走予定の日本馬の調教状況および関係者コメントを発表した。

 ステイフーリッシュとディープボンドは、エントシャイデンを含めた3頭併せでエーグル調教場(芝周回コース)にて約7ハロンの1週前追い切りを消化した。ステイフーリッシュに騎乗した西村淳也騎手は「最初は先頭を走っていました。コーナーリングも問題なく、良い負荷をかけることができました。最後は抜かれましたが、順調に来ていると思います」と語った。

 またディープボンドに騎乗したM.バルザローナ騎手は「動きが良く、注文をつけるところはありません。コンディションも良さそうです」とコメント。同馬を管理する大久保龍志調教師も「2度目の遠征でもあり、日に日にこちらの環境にフィットしてきているようで、日本にいるときより良く見えます。矢作芳人厩舎の協力もいただき、理想的な3頭の真ん中に入れる調教ができ、1週前追い切りとしては申し分ない動きでした」と話していた。