JRAは28日、10月2日の仏G1凱旋門賞に出走を予定している日本馬の調教状況および関係者コメントを発表した。

 ステイフーリッシュはエーグル調教場(芝周回コース)でC.ルメール騎手が騎乗し、清水裕夫厩舎所属の1頭との2頭併せ。後方から追いかける形で約6ハロンを強めに追い切った。

 矢作芳人調教師は「追い切りは動かない馬ですが、活気のある動きでした。今日くらいの馬場は苦にしている感じではなかったので、このくらいの馬場でレース当日を迎えられればと思います」とコメント。

 ルメール騎手は「前に馬を置いて、後ろから追いかける形で、徐々にペースアップをし、さすがステイフーリッシュという動きでした。馬は元気いっぱいで、状態は良さそうです。軟らかい馬場でも走りづらさは感じませんでした」と手ごたえを語っている。