JRAは28日、10月2日の仏G1凱旋門賞に出走を予定している日本馬の調教状況および関係者コメントを発表した。

 ディープボンドはエーグル調教場(芝周回コース)で川田将雅騎手が騎乗し、矢作芳人厩舎のエントシャイデンと2頭併せ。約5ハロンを強めに追い切った。

 大久保龍志調教師は「水分を含んだ馬場状態を考慮してジョッキーが臨機応変に対応して走り方を馬に教え込んでくれました。ちょうどレース当日に予想される馬場状態で馬も勉強になりました。ジョッキーが乗って馬に良い効果が出ていると思います」とコメント。

 川田騎手は「日本からこちらに来てからも順調に過ごしていることを感じられる昨日、今日の様子でした。追い切り自体もスムーズに臨む形で終えることができましたので、とても順調に来ていると思います」と話している。