現地2日に仏パリロンシャン競馬場にて行われるG1凱旋門賞の出馬表が確定。日本から参戦するタイトルホルダー(牡4、栗田厩舎)は10番ゲート、ドウデュース(牡3、友道厩舎)は3番ゲート、ステイフーリッシュ(牡7、矢作厩舎)は20番ゲート、ディープボンド(牡5、大久保厩舎)は5番ゲートに決まった。

 史上8頭目の連覇を狙うトルカータータッソは18番ゲート、G1アイリッシュチャンピオンステークスの覇者ルクセンブルクは8番ゲート、G1を5連勝中のアルピニスタは6番ゲートとなっている。

(左から馬番、枠番、馬名、性齢、調教国)
1、17、ミシュリフ(牡5、英)
2、18、トルカータータッソ(牡5、独)
3、19、マレオーストラリス(牡5、仏)
4、15、シリウェイ(牡4、仏)
5、12、アレンカー(牡4、英)
6、5、ディープボンド(牡5、日)
7、14、ブルーム(牡6、愛)
8、20、ステイフーリッシュ(牡7、日)
9、16、モスターダフ(牡4、英)
10、1、メンドシーノ(牡4、独)
11、10、タイトルホルダー(牡4、日)
12、13、バブルギフト(牡4、仏)
13、9、グランドグローリー(牝6、仏)
14、6、アルピニスタ(牝5、英)
15、2、ヴァデニ(牡3、仏)
16、4、アルハキーム(牡3、仏)
17、11、オネスト(牡3、仏)
18、7、ウエストオーバー(牡3、英)
19、3、ドウデュース(牡3、日)
20、8、ルクセンブルク(牡3、愛)