現地5日に米キーンランド競馬場で行われるG1ブリーダーズカップマイル(芝8ハロン)の枠順が確定。上位人気はほぼ欧州からの遠征馬が占めている。

 前売り1番人気は仏2000ギニー、カナダのウッドバインマイルと今年にマイルG1を2勝の3歳馬モダンゲームズ(4番枠)。2番人気は仏G1フォレ賞、G1英チャンピオンズスプリントステークスと短距離G1を連勝してきたキンロス(13番枠)で、3番人気タイに仏G1ムーランドロンシャン賞を勝った牝馬のドリームローパーと並んでG1ジャストアゲームステークスなどを勝っている米国馬リーガルグローリーが続いた。

 昨年の2着馬スムーズライクストレイトは5番枠、日本で走ったアグネスゴールド産駒のアイヴァーは6番枠、2年前の勝ち馬オーダーオブオーストラリアは10番枠となっている。