米G1ブリーダーズカップダートマイル(3歳以上、ダート8ハロン)が現地5日にキーンランド競馬場で行われ、最後方で中間点を通過した1番人気のコディーズウィッシュが、好位から先に抜け出した2番人気サイバーナイフとの叩き合いをアタマ差で制した。

 コディーズウィッシュは序盤から最後方の8、9番手を追走し、向正面に入った辺りでは先頭から10馬身余り離れていたものの、第3コーナーを迎えて一気に進出。サイバーナイフを目標にして直線に突入すると、残り1ハロンから馬体を並べてねじ伏せた。さらに1馬身3/4差の3着には7番人気のスローダウンアンディが続いた。

 コディーズウィッシュは前走のフォアゴーステークスに続くG1レース2勝目。5月のG3ウエストチェスターステークスから4連勝で3度目の重賞勝ちを飾り、これで通算成績を11戦7勝とした。

 W.モット調教師はBC通算11勝目でダートマイルは初制覇。J.アルバラード騎手はBCでの記念すべき初勝利となった。