JRAは24日、27日に行われるG1ジャパンカップに出走を予定している外国馬の調教状況および関係者のコメントを発表した。

 オネストはC.ルメール騎手が騎乗し、ダートコースにてダク右回りで1/2周、キャンター左回りで3/4周。F.シャペ調教師は「輸送は順調でしたし、新しい国際厩舎は素晴らしく、スタッフも馬も喜んでいます」とコメント。

 さらに「この馬のストロングポイントは、スピード自在で輸送にも耐えられることです。レース当日は天気も良さそうですし、良馬場を望みます。枠順は極端な枠は避けたいところです。フレッシュな状態でレースに臨めるよう、明日以降、強い調教をする予定はありません」と語った。

 またルメール騎手は「体の柔らかい馬でリラックスしている印象です。今朝は、この馬のことを知るために騎乗しましたが、良い感触でした。ジャパンCは、騎手、馬主、調教師のすべての関係者が勝ちたいと思う国際的なレース。フランスの馬に騎乗して、日本馬、外国馬とレースをすることは非常に大きなチャレンジだと思います」と話している。