JRAは24日、27日に行われるG1ジャパンカップに出走を予定している外国馬の調教状況および関係者のコメントを発表した。

 グランドグローリーはA.デュモン調教助手が騎乗し、ダートコースにてダク右回りで1/4周、キャンター右回りで3/4周。J. ビエトリーニ調教師は「昨年の来日時はメンタルの状態が良く、喜ばしい結果を残すことができました。その後、実績を積んだことに加えて、去年のジャパンCの経験もあります。前走の凱旋門賞も素晴らしいパフォーマンスで、牝馬のG1馬の中でも上位のレベルにいる馬と自負しています。どんな馬場でもこなすことができ、重馬場にも適応可能という点で、他馬より有利であると考えています」とコメント。枠順は「10番以内が理想です」と語った。

 レースで騎乗するM.ギュイヨン騎手は「過去にジャパンCに騎乗した際、枠順が結果を有利にするといった印象があり、良い枠順を希望しています。昨年のレースでは5着でしたし、馬体重も減っておらず準備は非常に順調で、勝算があると考えています」と話している。