現地25日、米チャーチルダウンズ競馬場でG2ミセスリビアステークス(3歳牝馬、芝8.5ハロン)が行われ、バブルロックが1番人気に応えた。

 好スタートからハナを奪ったバブルロックは、直線に入っても手応え抜群。2番手から追いすがるジョイフルアプローズを寄せ付けず、1馬身1/4差で逃げ切った。

 B.コックス厩舎のバブルロックはモアザンレディ産駒。2歳時に米G3メイトロンステークスを勝ったもののG1ブリーダーズカップジュベナイルフィリーズターフでは12着と完敗し、今年も5戦して条件戦での勝利だけだったが、約13カ月ぶりの重賞勝ち(重賞2勝目)とした。