現地時間11月1日、ブリーダーズカップターフスプリントに参戦するジャスパークローネ(牡4、森秀行厩舎)がサンタアニタパーク競馬場で最終追い切りを行った。

午前6時45分頃に馬場入りを行い、川田将雅騎手を背にダートコースを単走で追い切った。その後はパドックでスクーリングを行い厩舎に戻った。

これまでブリーダーズカップターフスプリントに出走した日本馬はおらず、ジャスパークローネが初めて。森調教師は「とても良い感じで順調。楽しみにしています。」と海外G1制覇へ向け期待を語った。