現地4日、米サンタアニタパーク競馬場で行われたブリーダーズカップターフスプリント(3歳以上、芝5ハロン)は、中団の内ラチ沿いを追走した6番人気のノーボールズが経済コースキープで直線の残り100ヤードから抜け出し、背後から追撃する7番人気ビッグインベージョンを振り切った(クビ差)。

 ビッグインベージョンと道中並走から馬群の外を回った5番人気イソップスフェイブルズがさらに1/2馬身差の3着に追い込み、日本から遠征したジャスパークローネ(9番人気)は川田将雅騎手に気合いをつけられて2番手につけるも、第3コーナーでふくらみ気味になって失速し、最下位の12着に大敗した。

 ノーボールズはL.リヴェリ調教師が管理する4歳セン馬で、フランケル全弟のノーブルミッション産駒。父は現在、日本で種牡馬生活を送っている。これが今年5月のG2ツインスパイアーズターフスプリントステークスに続く2度目の重賞制覇となった。

 リヴェリ師とG.コラレス騎手はともにBC開催で初勝利。リヴェリ師は今年のケンタッキーダービー2着馬トゥーフィルズも管理している。