現地4日、豪フレミントン競馬場でG1クールモアスタッドステークス(3歳、芝1200m)が行われ、R.キング騎乗の伏兵オズモシスが快勝した。

 オズモシスは果敢にハナを奪いに行き、後続とは僅差ながらレースを先導。残り200メートル付近で競り合っていたシンゾーを振り切り、追い込んできたアイアムアンストッパブルも1.25馬身差で退けた。

 B.ベイカー厩舎のオズモシスはズースター産駒。デビュー3連勝で臨んだ前走のG2ロマンコンサルステークスで3着と初黒星を喫したが、重賞初制覇をG1勝利で成し遂げた。