豪コーフィールド競馬場で現地18日にG1インビテーションステークス(3歳以上、芝1400m)が行われ、中団の8番手で馬群の外を追走した1番人気のマジックタイムが、直線でスムーズに末脚を伸ばして快勝した。

 1馬身差の2着に2番人気のアイアムミーが逃げ粘り、さらに0.3馬身差の3着争いを6番人気のストレイトエイサーが制した。

 マジックタイムはG.ベッグ調教師が管理するヘルベント(父アイアムインヴィンシブル)産駒の4歳牝馬でG1初制覇。昨年10月のデビューから今年4月のG3PJベルステークスまで3連勝し、その後に連敗するも今季2戦目の10月7日にはG3ザ・ニヴィソンで重賞2勝目としていた。