現地25日、米チャーチルダウンズ競馬場でG2ケンタッキージョッキークラブステークス(2歳、ダート8.5ハロン)が行われ、R.ベハラーノ騎乗のオナーマリーが勝利した。

 ポツンと離れた最後方からのレースとなったオナーマリーは徐々に差を詰め、第4コーナーから外に持ち出してロングスパート。直線半ばで先頭に立つと、2着のリアルメンヴァイオリンを2馬身差で下した。

 D.ベックマン厩舎のオナーマリーは、来年から日本で供用されるオナーコードの産駒。9月にデビュー勝ちすると2戦目で2着に敗れたが、3戦目の今回は重賞初挑戦で初制覇を果たした。おじにはG1英セントレジャー勝ち馬で英ダービー2着のルールオブローがいる。