昨秋の米G1ブリーダーズカップマイルで2着だったモージは、現地26日のドバイG1ジェベルハッタから再始動し、3月30日のG1ドバイターフに向かう予定であることが分かった。米競馬メディア『Daily Racing Form』が報じている。

 S.ビン・スルール厩舎に所属するモージはエクシードアンドエクセル産駒の4歳牝馬。昨春に英1000ギニーを制すと、休み明けだった10月の米G1クイーンエリザベス2世チャレンジカップも連勝し、前走のBCマイルは勝ち馬マスターオブザシーズからハナ差の2着だった。

 ジェベルハッタで強敵となりそうなのはC.アップルビー厩舎のメジャードタイム。フランケル産駒の4歳馬で、昨年末にドバイG2アルラシディヤを快勝して5戦4勝とまだ底を見せていない。