現地26日、ドバイのメイダン競馬場でG2ブルーポイントスプリント(芝1000m)が行われ、M.バルザローナ騎乗のスターオブミステリーが勝利した。

 レースはポントスが逃げ、スターオブミステリーは最後方近くからのレースに。しかし残り300メートル手前から進路を選びつつスパートしたスターオブミステリーは鋭く長い末脚を繰り出し、残り100メートルを過ぎたところでポントスを並ぶ間もなく差し切った。

 1馬身3/4差の2着は逃げ粘ったポントス。2022年に英G1スプリントカップと米G1ブリーダーズカップターフスプリントで2着があるエマラーティアナは5着だった。

 C.アップルビー厩舎のスターオブミステリーはコディアック産駒の3歳牝馬。2歳時には英G2ダッチェスオブケンブリッジステークスで2着に入り、3歳になって2戦目のここで古馬相手に重賞初制覇を果たした。