現地27日にニュージーランドのエラズリー競馬場で行われた賞金100万NZドル(約9000万円)のアオテアロアクラシック(芝1600m)を制したデザートライトニングが、3月16日に豪コーフィールド競馬場で行われる高額レースのオールスターマイルに向かうことが分かった。

 デザートライトニングはP&D.ウィリアムズ調教師が管理するプライドオブドバイ産駒の4歳セン馬。2022年11月にニュージーランド2000ギニーで2着と好走し、昨年12月のTABクラシックでG1初制覇を果たしている。

 豪競馬メディア『racing.com』によると、オーナーサイドは今月24日の新G1オタキマオリWFAクラシックを挟んでオールスターマイルへ向かう意向。「オールスターマイルの出走権を獲得できたのは素晴らしい。まずオタキのG1へ向かい、それからオールスターマイルというプランだ」と話している。