オーストラリアで無傷の3連勝を飾り、2歳戦としては世界最高額のG1ゴールデンスリッパーステークスの本命と目されているストームボーイをクールモア・オーストラリアが購入したことが分かった。競馬メディア『Thoroughbred Daily News』が報じている。

 ストームボーイは米三冠馬のジャスティファイ産駒。もともとクールモアの生産馬で、当歳セールにてG.ウォーターハウス調教師らが購入。デビュー2連勝で昨年12月にG3のB.J.マクラクランステークスを勝つと、今年1月には賞金300万豪ドル(約2億9000万円)の高額2歳戦として知られるマジックミリオンズ2歳クラシックも制した。なおオーナーが変わっても引き続きG.ウォーターハウス&A.ボット厩舎に預けられるという。

 父のジャスティファイはクールモアのシャトル種牡馬として活躍し、すでに6頭のG1勝ち馬を輩出。母父ファストネットロックもクールモア史上に残る名種牡馬として知られる。2代母のシーチェンジ(父ケープクロス)はニュージーランドの最優秀短距離馬、年度代表馬に選出された名牝だった。