豪ランドウィック競馬場で現地17日に行われたG2アポロステークス(3歳以上、芝1400m)は、J.マクドナルド騎乗の1番人気ファンガールが後方2番手から大外回しで直線に入ると、ノーステッキで2.39馬身突き抜ける鮮やかな勝利を収めた。

 直線入口の残り400m地点で先頭から3馬身ほどに接近したファンガールは、鞍上のゴーサインに応えて鋭進。次の200mで並ぶ間もなく先頭に抜け出し、最後の50mを流す余裕でフィニッシュした。2着に2番人気のミリタライズ、さらに0.41馬身差の3着には4番人気のシンクイットオーバーが続いた。

 C.ウォーラー調教師が管理するセブリング産駒の5歳牝馬ファンガールは、昨年10月のG1ジョージメインステークスに続く6度目の重賞制覇。ウォーラー師は『racenet.com.au』などの地元メディアに対し、今後のファンガールをチッピングノートンステークスからジョージライダーステークス、そしてクイーンエリザベスステークスへ進ませるとコメントしている。