区間優勝したモレマ

「人生でこれほど長い独走を試みたことはないよ!」(バウク・モレマ、ミックスゾーンインタビュー)

翌日のことなど考えなくてよかった。前方でも、後方でも、選手たちは全力でやり合った。28人の逃げ集団から抜け出すと、モレマは30kmの長い一人旅を成功させた。地元オーヴェルニャっ子のロメン・バルデは、ラスト45kmから、チーム全員で猛烈な攻撃に転じた。クリス・フルームはメカトラをチーム一丸となって乗り越え、大切なジャージをまた1日守り切った。上位4人が30秒以内に、6人が1分半以内というかつてないほどの僅差で、2017年ツールは大会2回目の休息日を迎える。

「ありがたいことに、また今夜も、マイヨ・ジョーヌで過ごすことができる。ほっとしている。チームメートのおかげだね」(フルーム、ミックスゾーンインタビューより)

大逃げ向きの地形に、多くの選手たちの胸は高鳴った。すでに2週間も走り続けてきたというのに、逃げ切りが決まったのは2回だけ。貴重な機会をモノにすべく、中央山塊のくねくね道を舞台に、スタートから激しい攻撃の波が巻き起こった。

第1波で10選手が飛び出した。山岳ジャージを身にまとうワレン・バルギルと、総合11分36秒遅れのダミアーノ・カルーゾが存在感を放った。28.5km地点にそびえる1級峠では、当然バルギルが1位通過をかっさらった。第2波はその直後にやってきた。さらに大量の選手が前方へと走り出し、60km地点で第1集団に合流を果たした。こうして出来上がったのは、28人の大きなエスケープ集団だった。