アルプスの、いや、ツール・ド・フランスでも屈指の威厳を放つガリビエから、プリモシュ・ログリッチェがとてつもなく大きなジャンプを決めた。マイヨ・ジョーヌを巡る争いもまた、ツール創始者アンリ・デグランジュの愛した巨大峠で本格的に勃発した。総合上位4人のタイム差は、29秒から53秒へとほんの少し広がった。

行く先には難峠が4つ聳え立っていた。アルプス特有の長い山道の終わりには、今大会最標高の2642m地点も待ち構えていた。来るべき戦いが、ひどい苦行になることは、誰の目から見ても明らかだった。しかし決して恐れることなく、新城幸也を含む多くの選手がアタックに挑んだ。ついには大きな33人の塊が、前線へと走り出していった。

少々後味が悪いことに、逃げグループが遠ざかっていくのとほぼ同時にスタートから20km、プロトン内で落車が発生した。マルセル・キッテルが地面に転がり落ちた。同時に落車した山岳賞首位ワレン・バルギルは、幸いにもすぐに走り出すことが出来たが、ポイント賞首位を走るキッテルは右半身を痛めた。なんとか超級クロワ・ド・フェールまでペダルを回し続けるも、ほうき車に回収されるのは、もはや時間の問題だった。

2017年大会で区間5勝をもぎ取った平地最速スプリンターは、アルプスの山奥で、自転車を降りた。キッテル本人がツイッターでつぶやいたように、「今ツールを嬉し涙で始めて、失意の涙で終えた」。

キッテルが残していった緑色のジャージは、マイケル・マシューズが受け継いだ。前夜の猛攻で29pt差にまで追い詰めたばかりだというのに、この日またしてもいわゆるオールラウンダーは33人の逃げに滑り込んでいた。