ポイント賞争いにまたもや大波乱だ。

第17ステージでマルセル・キッテル(クイック・ステップ フロアーズ)は落車が原因でリタイアし、マイヨ・ヴェールはマイケル・マシューズ(チームサンウェブ)の手に渡ることとなった。

マシューズはこの日も逃げに乗って中間スプリントを1位で通過。マシューズはポイント賞1位のキッテルと9ポイント差に迫っていた。

「昨日のステージで50ポイントを獲得して、いい戦いになると思った。今日のステージで20ポイントを獲得するために積極的なレース展開をしないといけないこと、そして20ポイントを獲得したとしても(最終的なマイヨ・ヴェール獲得は)難しいこともわかっていた」

落車は、スタート直後の2級山岳に差し掛かった集団内で発生した。落車に巻き込まれたキッテルは体にダメージを負っただけではなく、バイクも壊れてしまっていた。キッテルはしばらくの間、代わりのバイクが来るのを待たなければならず、新しいバイクに跨ったところでクリートが壊れているのに気付き、シューズも交換しなければならなかった。

キッテルはレースを続け、肩にアイスパックをあてながら登ったが、残り約80km地点でバイクを降りた。

キッテルのリタイアにより、マシューズはマイヨ・ヴェールを獲得。さらに、2位のアンドレ・グライペル(ロット・ソウダル)とは160ポイント以上の大差だ。

マシューズは表彰の際にも口数は少なかった。

「このような形でライダーがレースを去るのは見たくないし、今日までいい戦いができたと思う。キッテルが無事なことを願っているよ」

引用:http://www.cyclingnews.com/news/marcel-kittel-abandons-tour-de-france/

http://www.cyclingnews.com/news/double-celebration-looms-for-roommates-matthews-and-barguil-at-tour-de-france/

翻訳協力者:坂田裕希/家徳悠介


☐ ツール・ド・フランス 2017
ツール・ド・フランス2017 いよいよ7月1日開幕!
全21ステージ独占生中継!
»詳しくは ツール・ド・フランス特設サイトへ

☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」