事実上、総合優勝を決めたフルーム

得意のタイムトライアルで、クリス・フルームは歴史的僅差の突破口を見つけ出した。南フランスの太陽のように明るく輝く黄色のジャージで、前日誓ったように「勝たなくてもいいけれど、負けてはならない」好走を披露すると、4回目の総合優勝についに王手をかけた。「あとはパリまで無事に帰りつくだけ」とほっと胸をなでおろした。マチェイ・ボドナールは1秒差で歓喜の初ステージ勝利をつかみ取り、ロメン・バルデが1秒差で……現時点では2年連続の表彰台を確保した。

楽しかった夏祭りの、最高に美しい終わり方。いつもならサッカーの応援歌がこだまするスタッド・ド・ヴェロドロームが、この日は、2017年ツールのクライマックスを迎え入れた。大歓声と……ブーイングが競技場に響き渡り、3週間の激闘を生き抜いてきた選手たちの胸を震わせた。とりわけ、自らのスタートとフィニッシュでたっぷり感激を味わった後、ボドナールはさらに2時間半も会場を満たす興奮を肌で感じ続けた。

「たしかに、いつものタイムトライアル以上に、すごい雰囲気だった。フィニッシュ脇のホットシートに2時間以上も座っていたから、たくさんの歓声が聞こえてきたよ。でも、あそこでずっと待っているのは、簡単じゃなかった。特にクリス(フルーム)がTT得意なことを知っていたから、すごくストレスを感じたよ」(ボドナール、公式記者会見より)

167人目の最終走者、つまりフルームが22.5kmのフィニッシュラインを越えた瞬間に、ようやく解放の時がやってきた。なにより精神的に難しかった3週間を、生まれて初めてのグランツール区間勝利で締めくくることができた。