左から総合2位のウラン、1位のフルーム、3位のバルデ

小雨に濡れたシャンゼリゼの石畳を、24歳のディラン・フルーネウェーヘンが最速で駆け抜けた。新城幸也は自身7度目のパリ帰還を成し遂げ、38歳トマ・ヴォクレールは人生最後のツール・ド・フランスを走り終えた。緑、赤玉、白の3色ジャージにはフレッシュな顔ぶれが並び、クリス・フルームが自身4度目のマイヨ・ジョーヌで、高らかに凱旋を果たした。

大きな輪が、静かに閉じられた。北に500kmほどのデュッセルドルフから、3週間前に走り出した2017年ツール・ド・フランスが、ようやく長い旅の終わりを迎えた。当初は198人だった大集団も、落車や失格劇が有力選手を次々と奪い、167人にまで小さくなっていた。史上まれに見る僅差の総合争いは、はるか750km以上も南のマルセイユで、前夜、すでに決着がついた。

だから大会最後の日曜日、ツール誕生の地モンジュロンから走り出したプロトンは、しばらくは恒例の記念撮影や乾杯タイムを穏やかに楽しんだ。ヨアン・オフレドの「故郷アタック」や、シリル・ゴティエのプロポーズで、誰もが笑顔になった。フランスの首都パリが誇る歴史的建築群の間を駆け抜け、なにより史上初めてグラン・パレのガラス屋根の下をくぐり、おなじみのシャンゼリゼ周回コースへスカイ隊列が先頭で滑り込むと……いよいよ最後の戦いの始まりだ!

9人がはじかれたように飛び出した。空軍飛行隊が描き出した青白赤のフレンチトリコロール雲の下で、スプリンターチームは集団制御に着手した。特に今大会いまだに1勝目を追い求めるロット・ソウダルやコフィディス、ソリュシオンクレディ、チーム カチューシャ・アルペシンが精力的に牽引作業に取り組み、熾烈な追っかけっこを繰り広げた。