ビシエドの渡米からしばらくして、野本圭は1軍に呼ばれた。1軍に来てすぐ、野本ははっきりと口にした。「代打で1打席、そこで結果を出すために今年やってきました」。

今シーズン32歳を迎えた。若手なら当然スタメンそして4打席への欲はある。もちろん、野本に無いわけではないが、本人は「今シーズンスタートを切る時点で、4打席立って結果を出すって考えを捨てました」。

「自分の立ち位置やチームの歯車として求められる物ってなんだろうと考えた時に、やはり、代打1打席で勝負できる打撃。これを手に入れる事が一番いいんじゃないかと考えました」と話す。

チームを俯瞰で見つめ、野本は自分の生きる道を勝負強さに定めた。その1点にフォーカスし、打撃を考えてきた。

「代打1打席で結果を出してきた方々に話を聞きましたね。自分がミートできるボールを待つ人。相手投手が一番得意にしているボールを待つ人。とにかく強く振れる、自分のスイングができるボールを待つ人。色々いますが、全部参考になります」。

代打、さらには切り札となれば当然、勝敗を左右する場面での起用が多くなる。

野本は「いろんな考えがあります。小笠原2軍監督と話していてもそう、ただ一つ、この道で生きた人に共通しているのは、ファーストストライクを振るって事です。これが一番大事」と教えてくれた。

ここ一番でどれだけの打撃ができるのか。その為にはホームランは要らない。ただ野手のいない所へ打球を運ぶ。

野本は「外野手の前に、外野手の間に打球を打つ。その為にバットも変えました。去年まではグリップからヘッドにかけて緩やかに太くなるバット。今年は真ん中からヘッドにかけて膨らんでいる形状です」と説明してくれた。

さらに研究は続いている。チームメイト福田永将のバットや、オリックス中島宏之のバットを使い、自分に適した形を模索している。