3週間にわたるツールの闘いが、日曜、夕暮れのシャンゼリゼで幕を閉じた。

終わってみれば、クリス・フルームが3年連続、4回目の総合優勝。アンクティル、メルクス、イノー、インデュラインが持つ最多『5』に次ぐ、歴代2位の通算記録を打ち立てた。

ヴォージュ、ジュラ、ピレネー、マッシフサントラル、アルプス・・・と5大山脈を走り終え、大会最終日前日のマルセイユ個人TTを残してバルデ、ウランとまだ30秒差以内、という、まさに僅差で争われた総合優勝だった。

「勝つか負けるかが山で決まるレースになるだろう ― 」
コース発表のときにそうコメントを残したフルームだったが、確かにそこには真実があった。ヴォージュ山脈のプランシュ・デ・ベル・フィーユは、最終的に総合を争うことになる選手たちを正確に選び出してみせたし、ジュラ山脈のモン・デュ・シャでは、総合上位を走行していたリッチー・ポートが落車リタイアした。ピレネー山脈1日目の第12ステージが、フルームにとっての唯一の『バッド・デー』だった。ペイラギュード山頂ゴール手前の急こう配で足が進まなくなり、失速。前日までの18秒差を覆され、プランシュ・デ・ベル・フィーユで身にまとったマイヨ・ジョーヌをイタリアチャンピオンのファビオ・アルに受け渡した。

思いがけず、ロデズのフィナーレの短い上りでマイヨ・ジョーヌを取り返したフルームは、その翌日に、もう一つの大きなトラブルに見舞われる。マッシフ・サントラルを越え、巡礼路の起点、ル・ピュイ・アン・ヴェレーに向かうステージ。画面には、フルームが路肩に立ち尽くす姿が映し出された。後輪のスポークが折れたのだ。ポルタルが運転するチームカーはどこにも見当たらない。すぐさま、ミカル・クヴィアトコウスキーが自分の後輪を差し出した。それを受け取り、チームメート総動員の援護を受けながら集団を追った。渾身のアシストで最終的には事なきを得たが、ツール総合の行方を変えかねない出来事だった。

山岳における総合争いの最後の舞台は、アルプスでの2日間。ペイラギュードで勝利をものにしたロメン・バルデが何度もアタックをかけ、27秒のフルームの優位を切り崩そうとする。しかし、ガリビエ峠でもイゾアール峠でも、フルームを、あるいはリゴベルト・ウランを振り切ることはできなかった。

コース発表の際、タイムトライアルが短く、大きなタイム差をつけられるチャンスにはなりそうにない、と語っていたフルームだったが、総合優勝を最終的に確定させたのはマルセイユでの個人TTだった。区間未勝のフルームは、区間優勝の最後のチャンスに希望を持ちながらも、マイヨ・ジョーヌが最優先であることを強調していた。念には念を入れ、チームメートのTTをチームカーで並走し、コースの実際のディテールを頭に叩き込んだ。区間優勝のマチェイ・ボドナールには6秒及ばなかったものの、区間3位の好走でライバルたちの望みを絶った。終わってみれば、アルプスを終えて総合3位だったウランは54秒遅れの総合2位。TTで大きくタイムをロスしたバルデは、23秒差の総合2位から2分20秒差の総合3位に後退したが、最終表彰台にはかろうじてとどまった。

振り返れば、ウラン、バルデらライバルたちに対して大きなアドバンテージを得たのは、初日デュッセルドルフのTTだった。そのアドバンテージを5つの山脈で(途中でいったん使い切ったが)何とか守りきり、最後、マルセイユのTTでもう一度突き放したことになる。革命記念日の花火のようなアタックは、今年の総合争いでは見られなかった。力の拮抗からか、タイムボーナスを取り合うような、タイトな戦いが繰り広げられた。

シャンゼリゼで妻の手を取り、息子を抱き上げたフルームは、4回目の勝利を2人に捧げた。
「きみたちの愛とサポートがすべてを可能にしてくれる」