2015-16シーズンに初のワールドカップ出場で7位入賞を果たし、日本ジャンプ界期待の新星として注目を浴びた小林陵侑。しかし、若きエースとしての自信と自覚を持って臨んだ昨シーズンは、悔しさの連続だった。負けから学んだことをかみしめて、今シーズン、初の五輪出場を目指す!

小林陵侑(土屋ホーム) RYOYU KOBAYASHI
スキージャンプ

小林陵侑

1996年11月8日 岩手県八幡平市生まれ

2012年 全国中学校スキー大会スペシャルジャンプ 優勝、全国中学校スキー大会コンバインド 優勝
2014年 国体コンバインド(少年)優勝、国体スペシャルジャンプ(少年)2位
2015年 国体コンバインド(少年)優勝、国体スペシャルジャンプ(少年)2位
2016年 FISワールドカップ(ザコパネ) 7位、UHF杯優勝、FISワールドカップ(プラニツァ) 団体 4位
2017年 FIS世界選手権 団体7位、FISワールドカップ(オスロ) 団体 5位

悔しさからの出発

今年の8月、大倉山で行われたサマージャンプで、2本とも130メートルを超えるジャンプを見せ、2位に35.5点差を付けて優勝を飾った小林陵侑。今シーズンの彼の活躍を期待させるには十分なものだった。力強い飛び出しは、未来のメダリスト候補としての評価も高い。一昨年のシーズン、ジャンプ・ワールドカップ ザコパネ大会初出場で7位入賞。さらにジャンプアップをするはずだった昨シーズンは、20戦以上の戦いで、初戦の33位が最高位。彼にとっては悔しさしか残らなかったという。

「練習も試合も多くて、コンディショニングも含めて、思ったような成績を残せなかったんです。シーズン前、夏のトレーニングでジャンプに集中しすぎて、特に筋トレはやりすぎて燃え尽きちゃった感があって…。今年の夏はトレーナーと相談しながら取り組みました。ジャンプのための筋肉の動かし方を学びながら、運動機能の筋トレメニューを見直して、バランスのいいトレーニングを心がけました。」

ジャンプは、長いシーズンを戦うための、瞬発力、筋持久力、感性など様々な能力をバランスよく向上させる必要がある。小林は、世界で戦うための体作りを根本から始め、多彩なトレーニングメニューを採り入れ、必要となる運動能力はすべて向上させていった。サマージャンプの試合では、早くもその成果が表れた。それでも浮かれることなく、冷静さを保ちながら、

「去年はシーズン入りの部分でミスをしてしまったところがあったので、今年は慎重さを持ってシーズンに入っていきたい。夏の試合で調子は良かったので、このまま調子を落とさないように戦っていくつもりです。」