以下、Jタウンネット編集部撮影

高さは4メートル、全長は10トントラックと同じ12メートル......こんな巨大砂場「ギガ砂場」が2017年7月28日、神奈川県の三浦海岸(三浦市)でオープンした。

Jタウンネット記者が28日朝、ギガ砂場で遊んだ子どもたちや保護者に話を聞いてみると、和気あいあいとした雰囲気で、「楽しかった」と白い歯を見せた。

「ジェットコースターみたい」

神奈川県・三浦海岸の海水浴場で2017年7月28日、巨大砂場「ギガ砂場」が30日までの期間限定でオープンした。花王の衣料用洗剤「アタック」が誕生から30周年を迎えたのを記念した「よごそう。」プロジェクトの一環だ。全日とも10〜16時で開放され、子どもも大人も現地で受付すればすぐに参加できる(定員に達した場合、受付は終了となる)。

town20170728185743.jpg

その「ギガ砂場」が、こちら。高さは4メートル、横幅は12メートル......砂の量は300トンにのぼり、公園で子どもが作る砂の山の約3万2000倍の大きさらしい(横幅30センチ、高さ20センチの砂山と仮定した場合)。作るのに、2日を要したという。

オープン後まもなく、ギガ砂場に列を成した小学校低学年くらいの子どもたちが、頂上からそりで滑り降りる「ダートスライダー」を体験した。

town20170728185808.jpg

Jタウンネット記者は、滑り終えた子どもたちに話を聞いてみた。女の子3人組は「楽しかった」と口をそろえ、「最初は浮いた感じがしたんだけど」とにっこり。こんなに大きな砂場から滑り降りるのは初で、見たこともなかったと言う。

続けて滑り終えた女の子4人組に聞くと、「ジェットコースターみたいで、楽しかった」「えー、怖かったよ」など歓喜の声が飛び交った。4人仲良く、また列の最後尾へ駆け出して行った。

town20170728185837.jpg

さらには、子どもと同じそりで一緒に滑る保護者の姿も。女の子は「滑る前は怖かったけど、楽しかった」とうれしそうで、母親は「砂の山に登ってみると、意外と高くて......上からの眺めが気持ち良かったです」と話した。

砂山の頂上から

お母さん、子どもと一緒に「ハンティング」

記者が訪れた時間帯にはもう1つ......ギガ砂場に埋もれた「お宝」を探し出す、「ダートハンティング」も行われた。

スタートの合図で一斉に走り出す子どもたち
(ないかな〜ないかな〜)
(獲ったど〜!)
town20170728190056.jpg
お母さん、なかなか見つけられないお子さんの助太刀に。

この他にも、ギガ砂場の中で逃げ回る「鬼」をやっつける(鬼の紙風船を割る)ゲーム「ビーチサバゲー」や、砂山の頂上のフラッグを奪い合う「ダートフラッグス」などの企画が実施される。

親子でどうだろう、夏休みの思い出作りにでも。「よごそう。」プロジェクトの標語「みんなでよごそう!みんなでたのしもう!」じゃないが、砂にまみれても洗えば落ちるのだし。

(写真右)砂山と同じ、高さ4メートルの「ギガシャベル」