コンビニ店員は、老いも若きも関係なくストレスを抱えているのかもしれない。

Jタウンネットでは、これまで様々なコンビニ店員の嘆きを紹介してきた。煙草の銘柄を聞き返しただけでキレる客や、会計中に他の商品を取りに行く客など。客の行動にモヤモヤする店員は数しれず...。

そんな中、コンビニ大手3社でアルバイトをしていたという男性・哲也さん(50代、仮名)からJタウンネット宛に一通のメールが届いた。

東京都に住んでいるという哲也さんは、日払い制でバイトをしていたため、様々な店舗でコンビニバイトをした経験があるそうだ。

そんな彼には、どうしても忘れられない1人の客がいるらしい。編集部に届いたメールに、その客との詳細なやり取りがつづられていたからだ。

すべての発端は、そのサラリーマン客が、会計中にスマホを取り出したことにあったそうだが...。

いったい、何があったのだろうか。

数十分待たせて「やっぱいらね〜」

タラタラとアプリをイジるんじゃないよ(画像はイメージ)

「とある駅前にある、かなり忙しいセブン-イレブンで働いていたときのこと。通勤帰りのお客様が多い、平日の夜でした。
レジは、横並びに3台あり全てのレジを稼働させてもお客様が並ぶほどの盛況ぶりでした。そんな忙しいお店に50代後半ぐらいのスーツ姿のお客様がカゴいっぱいにカップラーメンを入れて精算に来ました」

ラーメンは全て同じ種類で、計10個。哲也さんが値段を伝えると、男性はその場でスマートフォンを取り出し

「ちょっと待って」

と話し、そのままスマホのアプリをイジり始めたという。

「ま、そのようなお客様も多いので暫し待っていると『うーえ〜』とか『どうしてかなー』とか言って、なかなかバーコードの提示がありませんでした。もうしばらく待つかと思いつつもイライラいてきました。
その間も、そのお客様は唸りながら頭を傾げ『どうしてどうして』の連発です。ただでさえ繁忙時間帯で他のお客様も大勢並んでいる最中の異様な光景はかなり続きました」

哲也さんが、アプリの使い方を教えてあげればよかったのでは...。そう思ってしまいそうになったが、実は哲也さん自身も、男性がポイントを貯めるアプリを使いたかったことが、わからなかったそうなのだ。

「他のレジ2台で接客している先輩のアルバイトの方も、ちらちらこちらを見ながら不機嫌そうです。
さすがにどうしたのと先輩に聞かれ状況を説明すると、その客は保留にして他のお客様の対応をするように言われました」

哲也さんが他の客の対応をしている間も、アプリと悪戦苦闘する男性。アプリに割引クーポンが付いていることに、哲也さんは途中で気がついたそうだ。

「途中でわかったのですがどうやらアプリにクーポンがあるようで、それはそれは真剣な顔つきで40分ほど経過した時でした。
なにやら吹っ切れた様子でこちらを見たのでようやくアプリを開けたのかと思ったその時『やっぱいらね〜』と言って商品も戻すことなく帰って行きました。私は、力が抜けて暫し呆然としてしまいました」

男性も分からなければ聞けばよかったのではないだろうか...。哲也さんも気がついたのなら教えてあげれば...。

いろいろと思うことはあるが、結局この客はラーメンを買わず、レジに商品を置いたまま帰ってしまったのだ。何十分もかけてアプリと悪戦苦闘していたのに...。なんとも後味の悪い(?)出来事である。

「忘れられない迷惑客」教えてください!

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的なエピソード(どんな客だったのか、そのポイントなど、500文字程度〜)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。