「この前はじめて『逆方向の電車に乗る』というミスを銀座駅で犯してしまったんだけど、きょうやっと理由がわかった」

2020年9月1日、ツイッターに投稿されたそんな投稿が話題になった。

逆方向の電車に乗ってしまうミス、急いでいるときなどついついやってしまいがちではあるが......その理由が分かったとはどういうことなのか。

理由とされている画像が、こちらだ。

どこかがおかしい(画像はきせしょう@kiseshouさんより提供)

こちらは、ツイッターユーザーのきせしょう(@kiseshou)さんが投稿した東京メトロ銀座線・銀座駅の写真だ。

なんの変哲もないの駅の階段のように見える。しかし、上の路線図とホームの標示に注目してほしい。

路線図では、向かって右側が渋谷方面、左側が浅草方面となっているが、実際のホームは逆。右側が2番線ホームで浅草方面行き。左側が1番線ホームで渋谷方面行きなのだ。

路線図を見ながら階段を降りていれば、確かにこれはうっかり間違えてしまいそうだ......。

この前はじめて「逆方向の電車に乗る」というミスを銀座駅で犯してしまったんだけど、きょうやっと理由がわかった pic.twitter.com/IYNh31hv6e
- きせしょう (@kiseshou) September 1, 2020

ツイッターではこの投稿に対し、

「これは確かに乗り間違える」
「あーーー 銀座駅でミスったのこれが理由か!! なんかミスった記憶ある!」
「都内の地下鉄に乗り慣れている人ほど間違えるトラップだこれ」

といった声が寄せられていた。

「一晩で対応してる!」

少々混乱してしまうこの銀座駅のトラップ(?)だが、この話はこれだけでは終わらない。なんとこの投稿がされた翌日に、応急処置がなされたのだ。

直ってる(画像はきせしょう@kiseshouさんより提供)

きせしょうさんは翌日の2日に

「すごい!
一晩で対応してる!!」

としてこの画像を投稿。そして、「たまたまかもしれないけど、東京メトロ(@tokyometro_info)さん ありがとうございます!!」としていた。

この一連の流れに対し、ツイッターでは

「さすが東京メトロだ」
「仕事が速い」
「すばらしい!たまたまかもしれないけどよかった!」

といった反応が寄せられている。

Jタウンネットが3日、投稿者のきせしょうさんに乗り間違えた時の状況を聞いたところ、

「銀座駅は利用したことがありましたが、銀座駅から上野駅に行くのがはじめてだった上に、ちょっと急いでいました」

と振り返る。そして、9月1日に同じ場所を通ったところ、この路線図に気づき写真を撮影したそうだ。

実際のところ、路線図はどうして修正されたのだろうか。その経緯を確かめるべく、Jタウンネットは東京メトロ(東京地下鉄)を取材し、広報担当者に回答をもらった。

広報の担当者によれば、今回話題となった路線図があるのは「改札階からホーム階に向かう一番浅草寄りの階段」とのこと。

修正された経緯については、

「9 月 1 日(投稿より前)に銀座駅駅員が巡回中に気付き、担当部署へ連絡。担当部署より取引先へ修正の仮設対応の指示を行っていたところです。誤表記であるため修正いたしました」

と回答があった。

どうやら、ツイッターに投稿される以前に駅員が気付いていたようで、たまたまタイミングが重なったようだ。

ちなみに、誤った路線図は8月26日の終車後から掲示されていたものだそう。

ツイッターで話題となったことが修正の直接的なきっかけではなかったようだが、発見後1日で修正するという対応の迅速さには変わりない。

今回、このようなミスが起きてしまった理由を聞くと

「階段2か所とエスカレーター1か所は浅草方面に向いた降りる階段となっており、当該設置箇所のみ渋谷方面に向かって降りる階段なっていたが、浅草方面に向いた同一のサインを4 か所製作してしまっていたため、1・2番線の誤表記が発生いたしました」

とのこと。ミスがあった路線図の掲示されている階段のみ、向いている方向が逆方向であるせいでミスが発生してしまったらしい。

今回、銀座駅の路線図についてツイッターで話題となったことについては

「誤表記についてお客様へご迷惑をおかけしてしまったことについては大変反省しております。
今後はこのような事象がないよう十分注意いたします」

とコメントした。