日本全国にいくつもある「難読地名」。変わった読み方を覚えながら、その土地についても学んでいきましょう。隔日出題、クイズ形式でお届けします。

今回は大阪府の難読地名。

「孝子」

この地名、どう読むか分かりますか?

ヒント:き○○○

答え

「きょうし」

大阪府の最南部、岬町にある地名。南海・南海本線の駅名でもある。平安時代の三筆の一人、橘逸勢(たちばなのはやなり)の墓がある。逸勢は遣唐使に選ばれるほどの秀才として知られるが、後に謀叛の罪で流罪となり、途中で病死する。娘はこの地に逸勢を葬り、妙沖と名乗って菩提を弔ったので、その孝心にちなんで名づけられたというのが、地名の由来の一つ。