お花見、楽しめただろうか。お酒や食事は控えて、ただ桜並木を通り過ぎた、という読者も多いことだろう。コロナ禍の今年は、あまりゆっくりはできなかったかもしれない。しかし満開の桜を見ているだけでも、「春が来たな」と実感できたはずだ。

そんな中、2021年3月25日、次のような写真付きのツイートが投稿され、大きな話題となっている。

三重県の梅が絶景でした。 pic.twitter.com/i8BMGmQ1mX
- 三谷ユカリ (@mitsuyuka_lp) March 25, 2021

写真は、画面一面、ピンクの花が咲き乱れている。てっきり桜と思いきや、「三重県の梅が絶景でした」というコメントが添えられている。桜ではなくて、梅の花だという。梅の開花は 2月頃と思っていたのに、3月に梅の花が咲いているとは......? しかも見事なピンク色だ。

写真家の三谷ユカリ(@mitsuyuka_lp)さんが投稿したこのツイートには、なんと39万6000件を超える「いいね」が付けられ、いまもなお拡散中である(3月28日昼現在)。

ツイッターには、こんな声が寄せられている。

「うわ〜天国みたいです」
「梅の絨毯」
「綺麗なわたあめみたい」
「サクラの花の色と間違えそうなくらいで、キレイですね」
「梅も綺麗ですねー この中にバサって倒れ込みたい」
「日本には知らない景色がたくさんありますね」

ただひたすら素直に驚いている人が多いような気がする。コロナ禍で、いつもより感受性が強くなっているためかもしれない。

それにしても、いったいここはどこ? 

Jタウンネット記者は、投稿者の三谷ユカリさんに詳しい話を聞いてみた。

三重県民からも「知らなかった!」

三谷ユカリ(@mitsuyuka_lp)さんのツイートより

三谷ユカリさんに、まず撮影した日時と場所を聞いた。

「今年の3月14日14時ごろに、三重県のいなべ市梅林公園の高台にて撮影しました。 天気も良く、おそらく例年ほどではないと思いますが観光客の方も多数いらっしゃっていました」

三重県のいなべ市は、三重県の最北端に位置し、岐阜県や滋賀県に接している。かなり内陸にある土地で、市の中央を員弁(いなべ)川が流れている。いなべ市の農業公園の中にある梅林が、3月中旬に、梅の花が満開だったようだ。

三谷ユカリ(@mitsuyuka_lp)さんのツイートより

三谷さんはこう語った。

「私は、もうとにかく春の花をたくさん撮りたくて、三重県は事前にチェックしていたのですが、本物は想像以上に素晴らしかったです。 基本的に無料で見られるのですが、協力金の箱があったので寄付をしてきました。無料でこの景色が見られるのは恐れ多い、そのくらいの絶景です」

三谷ユカリ(@mitsuyuka_lp)さんのツイートより

Jタウンネット記者は、いなべ市の観光協会に電話で確認してみた。

観光協会担当者は、「例年、3月第1週が見頃なのですが、今年は3月中旬まで見頃が続きました。現在は、残念ながら終わってしまいました。また来年、お越しください」と答えた。

いなべ市梅林公園は、面積が約38ヘクタールもあり、実梅を中心とした広大な梅林と、花梅を中心とした梅苑があり、数多くの観光客を集めているという。今年は、新型コロナ感染防止のため、「うめ祭り」は中止されたそうだ。

ツイッターには、こんな声も寄せられていた。

「三重にもいい所あるんですねBy三重県民」
「私のふるさとを綺麗だと言ってくださりありがとうございます」

三谷さんも、「三重県在住の方からも『知らなかった!』というコメントを多数いただきました。地元の方がご存知ない三重県の魅力をお伝えできて嬉しいです」と語る。

コロナ禍の中で、多くの人が実感していることだろうが、大事なものは、すぐ近くにある。しかし身近な貴重な場所を見つけるには、三谷さんのように情報収集の努力が必要かもしれないが......。