浜辺に打ち上げられたある生き物が「オタ芸してるみたいで可愛い」......そんな投稿が、ツイッターで注目を集めている。

これは、ツイッターユーザーのオリジアス荘内in富山(@crowama631)さんが2021年4月11日に投稿したもの。

暗い砂浜で、なにか小さなモノが動きながら光っている。近づいていくと、それは春の風物詩・ホタルイカ。2本の腕の先を鮮やかに青く光らせながら、暴れているようだ。

その姿はまるで、オタクがサイリウム(ケミカルライト)を振りながら曲に合わせて踊り、推しを応援する「オタ芸」のよう......。

このホタルイカはいったい何をしているのだろうか。

Jタウンネット記者は13日、投稿者のオリジアス荘内in富山さん(以下、オリジアス荘内さん)に詳しい話を聞いた。

発光器で求愛・防衛

オタ芸を披露中...?(オリジアス荘内さんの動画のスクリーンショット)

オリジアス荘内さんが動画を撮影したのは、10日の午前2時30分ごろ、富山県でのこと。

映っているのは、「産卵のために接岸したホタルイカが打ち上げられる、富山の春の風物詩である身投げと呼ばれる現象です」と、教えてくれた。

どうやら、動画に収められているたくさんのホタルイカたちは、産卵のために沖から浜辺へと泳いできたようだ。

富山県ほたるいか協会が運営する情報サイトには、

「ホタルイカは富山湾に産卵のためにやってきます。3〜6月に群れをなして富山湾に押し寄せるのは、そのほとんどが腹に卵をもった雌、雄は数千尾に1尾しかいないといいます。
(略)
産卵期の雌は昼は水深200mの海底付近で生活し、夕方から夜中にかけて浮上し産卵します。
未明には潮の満ち引きによって沖に戻れなくなったホタルイカが波打ち際にたくさん打ち上げられていることがあり、これを地元では『ホタルイカの身投げ』と呼んで春の風物詩になっています」

という記述がある。

では、オタ芸に見える行動は......?

オリジアス荘内さんは、

「ホタルイカは全身に発光器を持っており求愛、防衛などに使用します。その中でも最も強い光を発するのが腕の先の発光器です。

動画ではおそらく打ち上げられた衝撃か、光を当てられたショックで光らせているものと思われます」

と、コメントした。

少なくとも5匹のホタルイカが確認できる(オリジアス荘内さんの動画のスクリーンショット)

危険を察知したのか、ホタルイカは推しに熱狂するオタクのように腕を振り回し、身を守ろうとしたのかもしれない。

先述の情報サイト内でも、

「いちばん大きくて強く光る発行器は一対の腕の先に3個ずつあって青白く光ります。皮膚にある発光器は、 ひれを除く全身に700〜1,000個あって青と緑の光を放ちます。

発光する理由は、外敵に対する威嚇・幻惑・仲間とのコミュニケーション・餌寄せのためなどといわれています」

と、解説されている。

この貴重な瞬間を捉えた動画は注目を浴び、6万以上の「いいね」や1万以上のRTが集まっている(13日時点)。

リプライ欄でも、

「波にさらわれる時に『あぁ...』って声が聴こえる気がするくらいオタ芸してる」
「これは確実にしてますな」
「流されやすいもんな...オタクも」

など、共感する声が寄せられている。

なお、「ホタルイカをそのまま食べたい」というコメントも多かったそうだが、オリジアス荘内さんは

「ホタルイカには寄生虫がおり、未加熱で食べるのは危険ということを知らない人が多いように思えました。生食用ホタルイカは基本的にしっかり処理されているものが大半なので生で食べたければ売り物を買ってください」

と、慎重に回答した。

国立感染症研究所も公式サイトで、ホタルイカの内蔵に寄生する寄生虫による感染を予防するため、ホタルイカの「踊り食い」や内臓付き未冷凍の刺身は絶対に避けるよう呼び掛けている。

ホタルイカが生食されることは少なくないが、自分で釣ったものや、浜に打ち上げられたものを十分に処理せず食べるのは、やめておいたほうがいいだろう。