子供が疲れて眠ってしまった。家族旅行は珍しくない事態だ。

車での旅ならまだいい。それが電車やバスを使っての旅行だと大変だ。背負ったり抱っこしたりして移動しなければならない場面も出てくる。

子供を抱っこする私にヤンキーが......(画像はイメージ)

岐阜県在住の50代女性Sさん(仮名)も、まさにそんな状況に直面した経験がある一人だ。

幼稚園を卒業したばかりの娘を連れて千葉まで旅行に行った時のこと。電車を乗り換えるタイミングで、疲れた娘が眠ってしまった。

もうすぐ小学生になる子供を抱っこするのは一苦労。おまけに電車までの列では最後尾になってしまい、乗車しても席には座れなさそうで......。

今回紹介する「旅先いい話」は、そんなSさんが出会ったある男子高校生のエピソードだ。

ヤンキーっぽい、いかつい感じの子で...

娘の卒園記念にディズニーランドに行く、その道中での出来事です。

娘と二人で岐阜から名古屋までJRの電車で行き、その後は新幹線に乗って東京へ。

そして、東京から千葉の友人宅まで行く途中のローカル線での乗り換えの時に、娘は疲れていたのかぐずって寝てしまいました。

春から新一年生なのでかなり体重も増えてきて、抱っこしているのがやっと。しかも、乗り換える電車への列では最後尾になってしまいました。

これじゃ座れないな......(画像はイメージ)

わたしは「抱っこしたまま立つしかない」と諦め、車内に乗り込みました。

その時、近くの席に座っていた少しヤンキーっぽい、いかつい感じの男子高校生が、

「こっちこっち」

と言って、こちらにむかって手招きしてきました。

「さっきから気になってたんだよね」

後ろを振り返っても彼の友達らしき人は見当たらず、念のため「私のこと?」と自分を指さしたら、その高校生の子が頷くんです。

私が近寄っていくと、彼は座っていた席を私たちに譲って、こう言いました。

「さっきから気になってたんだよね。席取れたら譲ろうと思ってて」
「見事に取れた」
席を取ってくれていた!(画像はイメージ)

それだけでなく、「どこから来たんですか?」とか、娘の名前とか聞いてくれたり、終始にこやかに接してくれて、「なんて優しい子なんだろう」と思いました。

その後、その子は先に電車を降りてしまいましたが、降車してからも電車が出発するまで手を振ってくれていて、本当にいい子でした。

今、娘は18歳になりました。あの時の男の子は今30歳くらいでしょうか。きっと幸せになっていると思います。

あの時の高校生の男の子のおかげで、本当に助かりました。ありがとうございます。

(10月8日14時45分編集部追記:記事初出時の誤字を修正しました)

「忘れられない旅先でのエピソード」、教えて!

小さな子を抱いた女性のために、席を確保してくれる。なんて心優しい高校生だろう。実にほっこりするエピソードだ。

みなさんも旅の途中で、こんな風に誰かに親切にされたことはないだろうか。

Jタウンネットでは読者の皆様の「旅先のほっこりエピソード」を募集している。

コロナ禍で旅行に行きづらい今、せめて過去の旅行の素敵な思い出を振り返りたいという人はぜひ、編集部にも教えてほしい。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、旅行に行った時期・場所、具体的なエピソード(どんなことにほっこりしたのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度〜)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。