地元の人との思いがけない交流も、旅先での楽しみのひとつだ。

そこで親切にされた思い出は、一生かけがえのないものとして記憶に残ることだろう。

北海道在住の読者、Kさん(50代女性)から編集部に届いたのは、そんな旅先での心温まるエピソードだ。

一人旅で体験したエピソード(画像はイメージ)

一人旅で、立ち寄った岡山県。途中で乗り込んだ路線バスで、最後の乗客となったKさんに運転手が声をかけてきた。

「お客さん、後ろにおいで」

言われた通りに運転席のすぐ後ろに座ると、運転手は岡山の名産や観光スポットなどを色々教えてくれたという。その後、目的の停留所につき、バスを降りたKさん。しかし、その運転手とのエピソードはここで終わりではなくて......。

Kさんの心に残る「運転手さんの優しさ」を皆さんにも体験していただこう。

突然思い立ち、岡山へ

もう 30年近くも前の事です。

結婚が決まって退職し、少し自分の時間が出来た私は、急に京都への一人旅を思い立ちました。何の計画も持たず、その日の気分で行く先を決めるという気ままで呑気な楽しい毎日でした。

気ままな旅(画像はイメージ)

京都での3日目の朝。

突然の思いつきで、私は新幹線で岡山に向かい、好きだった竹久夢二の美術館へ。

そこで、夢二の生家が現存し、公開されていることを知り、路線バスを調べて乗り込みました。

数名の乗客がいましたが、市街地を離れるに従い、だんだんと減っていき、やがて私1人に。

すると運転手さんから、

「お客さん、後ろにおいで」

と声がかかり、運転席のすぐ後ろの席に案内されました。

名産や観光スポットを教えてくれて...

見るからに観光客という感じだったのでしょう。運転手さんは私に、岡山の名産や観光スポットなどを、色々聞かせてくれました。

そして間もなく夢二生家の停留所というところで、運転手さんは

「バスが一時間に一本しかないので時刻表を見てから生家に行くといい」

と教えてくれました。

親切にしてくれた(画像はイメージ)

私はお礼を言ってバスを降り、言われた通り帰りのバス時刻を頭に入れて、生家の観光を楽しみました。

そして、帰り道。

やって来たバスに乗り込むと、なんとあの運転手さんがニコニコと笑っていたのです。

それは先ほど私が乗っていたものの折り返しのバスでした。

運転手さんが、まさかの...

運転手さんは

「時間的にこれにまた乗るかな...と思って」

と、驚いたことに私への手土産を用意してくれていました。

驚きと感動で胸が一杯になり、「今朝方、突然岡山へ向かおうと思い立ったのは、この運転手さんとお会いするためだったのかもしれない」と思ったものです。

その夜、京都のホテルに戻ってから、ホテルの便箋でバス会社あてにお手紙を書いたことを覚えています。

バス会社あてにお礼の手紙も(画像はイメージ)

お土産は、岡山名物「ままかり」の佃煮でした。

私の地元では手に入らない物ですが、お魚の佃煮を見ると、今でもあの時の運転手さんの優しいお顔を思い出します。

「忘れられない旅先でのエピソード」、教えて!

旅先で親切にしてくれた優しい運転手さんとの出会いが、Kさんにとっては30年経っても忘れらない大切な記憶となっているようだ。

皆さんにも、旅先でのほっこりした話、素敵な出会い、思い出に残っている体験談はあるだろうか。

Jタウンネット編集部は、皆さんが体験した「旅先でのほっこりエピソード」を募集している。

読者投稿フォーム(https://j-town.net/etc/comment.html)もしくは公式ツイッター(@jtonw_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、旅行に行った時期・場所、具体的なエピソード(どんなことにほっこりしたのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度〜)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。