シリーズ読者投稿〜あの時、あなたに出会えなければ〜 投稿者:Kさん(兵庫県在住・30代女性)

約30年前のその日、Kさん家族はかつて兵庫県宝塚市に存在した遊園地「宝塚ファミリーランド」に向かっていた。

途中、阪急・十三駅で乗り換えのために一度電車を降りたところで、Kさんは両親とはぐれてしまったという。それでも何とかホームに辿りつき、出発間際の電車に乗ったのだが......。

一緒に乗ったと思っていたのに......(画像はイメージです)

<Kさんの体験談>

30年ほど前、当時小学校低学年だった私は、家族と宝塚ファミリーランドに遊びに行く途中、乗り換えのため阪急の十三駅で降りました。

乗り換えの道中は子供にとって長く、乗り物酔いが酷かった私は、急ぐ家族に追いつこうと必死。それでも、はぐれてしまったのです。

吐きそうになりながらも耐え、遠くに家族が見えたホームまで急ぎ、出発間際の電車に飛び乗りました。

家族はこの電車に乗っている。そう思っていた私は置いていかれずに済んだ、とホッとしたものです。

しかし、それも束の間。動き出した電車の窓の外に唖然とした顔の父と母が見えました。

焦りと不安、乗り物酔いで...

家族はホームで私を待っていたのです。幼い私はそれに気づかず、1人で電車に乗ってしまったのでした。

焦りと不安、元々の乗り物酔いが合わさって、私は込み上げる吐き気に堪え切れず、とうとう電車の中で戻してしまいました。

不安と焦りもあって......(画像はイメージです)

周りの乗客が「うわ!」と離れていきます。私は羞恥心と恐怖心で泣き出してしまいました。

吐しゃ物まみれで、臭いも凄かったと思います。

でも、そんな私にある中年女性が優しく声をかけてくれました。

「どうしたん?大丈夫?お母さんは?」

次の駅で降り、トイレで汚れた服を...

私は泣きながら家族と離れてしまったことを話しました。

すると彼女は嫌な顔もせず「気分わるかったんやね。次の駅で降りて、服綺麗にしよか」と言って、次の駅で代わりの服を買って、駅のトイレで先ほどまで着ていた服を洗ってくれたのです。

代わりの服まで買ってくれた(画像はイメージです)
「お父さん、お母さんと会えるまで一緒におったげたいけど、私も用事があるから駅員さんに言ってるからね」

その後、彼女はそう言って去っていきました。

彼女が駅員さんに伝えてくださったおかげで、私はすんなり家族と会えたことを覚えています。

今、私があの時の女性と同じくらいの年代となり、改めて勇気と優しさを実感します。絶望のどん底に落ちた小さかった私を助けてくださり、今でも心から感謝しています。

名前も分からず直接の恩返しはできないのですが、出会う人すべてをあの時のあなたと思って、親切を返すように心掛けています。本当にありがとうございました。どうかこの思いが伝わりますように。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

名前も知らない、どこにいるかもわからない......。そんな、あの時自分を助けてくれた・親切にしてくれた人に伝えたい「ありがとう」を心の中に秘めている、という人もいるだろう。

Jタウンネットでは読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、エピソードを体験した時期・場所、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度〜)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)