犬の成長スピードは、人間と比べるとかなり速い。

ついこの間まで小さい子犬だったのに、数か月後には何倍もの大きさになっている――そんな驚きを味わったことがある飼い主は多いはずだ。

たとえば、今回ご紹介する秋田犬も随分と立派に成長しているのだが......。

人間に抱っこされた秋田犬(画像は秋田犬保存会のツイッターアカウント@akitainuhoのツイートより)

こちらは秋田犬保存会のツイッターアカウント(@akitainuho)が2022年6月13日に投稿した写真。赤ちゃんのように抱っこされた秋田犬がかわいらしい。

とはいえかなり大きいし、もう成犬なのだろうか? いや、違う。秋田犬保存会はツイートにこんなコメントを添えているのだ。

「生後4ヶ月の!!赤ちゃん!!」

「みんな大体これくらいに......」

これが......生後4か月の赤ちゃん......????????????

あまりにも大きすぎる赤ちゃんにツイッターでは、

「でっかわいい!!!!」
「秋田犬も人間も、成犬と成人は同じくらいの体重なのに、なんで秋田犬は人間と違ってこんなに成長が早いんだろう...」
「こんなデカな赤ちゃん 初めて見た」

といった反応が寄せられている。

同じ犬の別の写真(秋田犬保存会のツイッターアカウント@akitainuhoのツイートより)

14日、Jタウンネット記者が秋田犬保存会のツイッター担当者に写真の秋田犬が本当に生後4か月の子なのかを聞いてみると......。

「1月末くらいに生まれて、写真は5月に撮影したので、本当に生後4か月のときの写真です。
この子が特別大きいわけではなくて、大体みんなこれくらいに成長します」

秋田犬は生後4か月であれば15〜17キロくらいまで成長するそう。そこからまた成長して、保存会の過去のツイートによると、男の子で30キロ〜40キロ、女の子で25キロ〜35キロに(個体差あり)。秋田犬のスケールの大きさに驚かされる。

これからまだまだすくすくと育っていく、秋田犬の赤ちゃん。たくさんの愛情を注いでもらって、大きくなってね!