♪○○パン本仕込〜

さて皆さん、この○○に入る文字は何だろう。

えっ、そんなの一択? いやいや、実はそうではない。

同じ「本仕込」だけど......(2022年6月28日、Jタウンネット撮影=以下同)

今、皆さんにご覧いただいている2袋の「本仕込」。

デザインも見た目も同じじゃん――そう思った人もいるかもしれないが、パッケージ左上に注目してほしい。

赤で覆われた白い文字のロゴ。メーカー名を表すそれには「フジパン」バージョンと「ロバパン」バージョンが存在しているのだ。

とりあえず、食べ比べてみよう!

「フジパン」は名古屋に本社を置く、1922年創業の大手パンメーカー。おそらく、多くの読者は記事冒頭の質問をみて「フジパン本仕込〜♪」と頭の中で歌ったことだろう。

一方の「ロバパン」は札幌に本社を置く、1931年創業の老舗パンメーカーだ。

同じ「本仕込」なのに、なぜこんなことになっているのか。

実は、フジパンとロバパンは2005年から業務提携をしており、北海道で販売される「本仕込」はロバパンで製造・販売されているのだ。

ロバパン版「本仕込」

ロバパン版「本仕込」のパッケージには、「この製品は、フジパン株式会社のノウハウによる本仕込製法で製造しております」と記載されている。

その言葉通り、埼玉で購入したフジパン版も北海道で購入したロバパン版も、開封した途端に漂ってくる豊かな小麦の香りは一緒。皿に出してみると、もう区別はつかない。

左がロバパン版の「本仕込」、右がフジパン版の「本仕込」

口に入れても、もっちりとした食感と口いっぱいに広がる優しい甘味がフジパン版でもロバパン版でも同じように楽しめた。

「本仕込」だけじゃなくて......

「本仕込」だけでなく、道外ではフジパン製品として販売されている多種多様なパンを、北海道ではロバパンが製造・販売している。

「ネオバターロール」だって、北海道ではロバパン版だ。

左がロバパン版、右がフジパン版

こちらも食べ比べてみたが、口の中に染みわたる濃厚なマーガリンと小麦の味わいのコンビネーションは同じ。味の違いはなかった。

 「ネオバターロール」にも「この製品は、フジパン株式会社のノウハウによる本仕込製法で製造しております」との説明がある

パッケージのロゴ以外は違いが見当たらないフジパンとロバパンの商品。

そして、耳に残るメロディーでお馴染みのCMも......。

♪ロバパン 本仕込〜

こちらは、ロバパンの「本仕込『しあわせ製法』篇 ロバパン2020春キャンペーン」のCM。

画面右下にロバパンのロゴが表示されているが......。フジパンと同じく松下さんの姿が! まさかロバパンのCMにも出ているとは思いもしなかった。

そして、CMの終盤で歌われる「♪フジパン 本仕込〜」はというと、メロディーはそのままに、

「♪ロバパン 本仕込〜」

となっているではないか。

パンの製法だけでなく、CMまでほぼ一緒とは驚きだが、Jタウンネット記者が2022年6月29日、ロバパン営業部の担当者に話を聞いたところ、「CMはフジパンさんが作っているんです」とのこと。

もちろん、ネオバターロールも「♪ロバパン」である。

ロゴも寄せている?

あらゆるものが同じで頭が混乱してくるが、筆者にはもう1つ気になることがあった。

それはロゴ。赤地に白い文字にフォントまで、ロバパンのロゴがフジパンにそっくりすぎるのだ。

ロバパンとフジパンのロゴ

やはり業務提携しているとあって、ロゴも寄せているのか。そう思って尋ねると、担当者はこう答えた。

「ロゴはたまたま似ているだけなんです。フジパンさんと業務提携をする前から、ずっと同じロゴを使っています」

元々、ロバパンのロゴの上には麦を持ったロバのイラストが書かれていたが、それが時代とともになくなっただけ。ここにきて、まさかの「偶然似ている」という事実が明らかになった。

なお、ロバパンはフジパンの商品だけでなく、オリジナル商品も製造している。その代表作の1つが「豆パン」だ。

同社の公式サイトを見る限り、かなりのイチオシ商品。こちらもゲットしたので、後日皆さんにご紹介します。