最近では「公衆電話」を見かけることも使うこともめっきり減った。

それもそのはず、2022年の情報通信白書によれば、22年の3月末時点での公衆電話の数は13万7649台。ガラケーが普及し始めたばかりの00年3月末と比べると、約6分の1まで減少している。

スマホが普及しきった現代では、もはやレアもの。そんな公衆電話ボックスを写したオシャレすぎる写真が22年8月2日、ツイッター上に投稿され話題になった。

宙に浮かんだ色とりどりの傘の隙間から、夏の真っ青な空が見える。地面は傘のシルエットで独特な模様が浮かび上がり、その中に明るい黄緑の公衆電話が。

電話ボックスの中にアンブレラスカイがあるような、アンブレラスカの下に公衆電話が浮かんでいるような、どこか不思議な光景だ。

一体、どうやって撮られた写真なのだろう?さん。Jタウンネット記者は5日、撮影者である東京在住の写真家・いっちー(@Ichiph)さんを取材した。

オシャレな電話ボックスのトリック

いっちーさんが話題の写真を撮影したのは、群馬県館林市。

同市では22年7月27日〜8月27日の期間、市役所の敷地内におよそ550本の傘の花が咲く「城町アンブレラスカイ」が行われている。

いっちーさんも8月2日に同イベントを訪れ、撮影。その途中、電話ボックスに空の傘が映りこんでいることに気付いたという。

確かに、右側には何やら金属のフレームのようなものが写り込んでいる。そう、この写真は電話ボックスへの映り込みを巧みに利用しているのだ。

記者が撮影の方法を尋ねると、いっちーさんは

「映り込みがいい画角を探してガラスにカメラをつけて撮影しました」

と教えてくれた。

夜はライトアップされるアンブレラ

アンブレラスカイと電話ボックスが組み合わさった珠玉の一枚はツイッター上で注目を集め、8月9日時点で1000件を超えるいいねを集めているほか、

「リフレクション!?えぐすぎる」
「この撮り方の発想はなかったです」
「これ切り取り上手い🥺」
「ぐんまカッケーーーー」

などの声が寄せられている。

「城町アンブレラスカイ」は19年に初開催されてから、市民有志でつくる実行委員会によって毎年夏に実施されているイベント。60メートルほどの区間の空を傘が彩る美しい光景は、夏の風物詩になりつつあるという。

日没〜22時の時間帯はライトアップが行われ、夜に映えるアンブレラスカイを楽しめるのも魅力の一つ。

今年の夏も舘林は猛烈な暑さだが、色とりどりの傘の下で夕涼みすれば、爽やかな気分になれるかも?