サッカーJ2・モンテディオ山形が発表した川井歩選手のグッズがツイッター上で、じわりじわりと注目を集めている。

川井選手は2022年7月30日の対FC町田ゼルビア戦で、J1・J2リーグ戦通算100試合出場を達成。それを記念したグッズの発売が8月8日にクラブから告知されたのだが、そのセンスが独特すぎるのだ。

今回発売されるのは川井選手のアクリルスタンド。グッズに使われるのは、ピッチで躍動している川井選手の姿なのかと思いきや......。

プレーしている姿じゃないの!?(モンテディオ山形広報/Montedio Yamagata@monte_prstaffのツイートより)

トラクターのようなものに乗り、気の抜けたような顔をした川井選手の写真が使われているのだ。

いくらなんでもチョイスが謎過ぎる。もっといい表情の写真があるでしょうに......。

しかもこの写真を何枚も使って芝と思わしき場所に文字を書く始末。おかしい、偉業を成し遂げた川井選手を称えるグッズのはずなのに、彼をいじっていません?

本人「これこそなんだこりゃじゃねーか」

ふざけているとしか思えない川井選手のアクスタは、ツイッター上で話題になり始めており、

「このグッズは最高すぎる...!!! 革命的だ...!!!!!!!!!!」
「いや可愛いんだけどね笑 ギャグに走ってますやん笑」
「シュールすぎる大爆笑」

などのコメントが寄せられている。

なんとも言えない表情をしていらっしゃる......(モンテディオ山形広報/Montedio Yamagata@monte_prstaffのツイートより)

ひとまず、サポーターからは好評らしい。では、本人がどう思っているのかというと......、

「おいおいおい笑これこそなんだこりゃじゃねーか
てかこれ一家に一台じゃ足りないでしょ...」

と、自身のツイッターアカウントで反応。意外とまんざらでもない?

サポーターや本人にも受けが良い記念グッズ。でも、なんで川井選手がトラクターみたいな乗り物にいるの?

8月10日、Jタウンネット記者がモンテディオ山形の広報担当者に話を聞いたところ、その経緯を教えたくれた。

どうしてこんなものが出てきたの?

川井選手が乗っている赤い車は、農業用機械などを手掛ける丸山製作所(東京都千代田区)のステレオスプレーヤ(薬剤噴霧機)。

モンテディオ山形では「サプライヤー・パートナー」である丸山製作所が提供したステレオスプレーヤなどを使ってピッチに散水を行っており、練習終わりの川井選手がステレオスプレーヤに乗車したことがある。

その姿をモンテディオ山形のツイッターアカウントが6月11日に投稿したところ、サポーターの間で話題となった、という出来事があったのだ。

ステレオスプレーヤに乗る川井選手(モンテディオ山形広報/Montedio Yamagata@monte_prstaffのツイートより)

さらに7月19日、この写真を使ったコラージュ画像を川井選手自身がツイッターに投稿。このことでさらなる注目が集まった。

「ステレオスプレーヤに乗る川井選手の写真が話題になっている良いタイミングで川井選手が100試合出場の記録を達成しました。そこで思い切ってグッズ化しました」(モンテディオ山形の広報担当者)

なお、グッズにすると川井選手本人に伝えたら、大ウケしていたそうだ。

アクリルスタンドの設置イメージ(モンテディオ山形広報/Montedio Yamagata@monte_prstaffのツイートより)

川井選手のアクリルスタンドはモンテディオ山形オフィシャルWEBショップで販売される。

受注生産で、申し込み期間は8月12日〜21日。発送予定は9月中旬。

価格はA6サイズが2420円、A5サイズが3300円、A4サイズが5500円(いずれも税込)。

他のクラブではまず出てこないであろうグッズ。この機会は逃したくない!